ホームページ作成で必要な知識とは?

サイト開設の基礎知識


サイト(ホームページ)の作りについて理解しておきましょう。サイトはサーバーに保存されていて、それを世界中のパソコン・スマホ等から参照できるようにしたものです。そのため、サイトを開設するには、まずサーバーを自分で設置するか、レンタルする必要があります。レンタルサーバーにも、有料と無料のものがあります。まず、練習では無料サーバーを利用して、その後、自分にあったサーバーを選択することをおすすめします。
また、サイトの言語には2種類あって、サーバー側で動くものと、参照している人のパソコン側で動くものがあります。パソコン側で動くものは、読む専用のサイトや簡単なゲームができるhtml,JavaScript,VBScriptの言語があります。サーバー側で動くものは、ネットショップやオンラインゲームなどで、Java、PHP、Pythonなどの言語があります。


最初に覚えるべき言語


サイトを作成するにあたって、必須の知識からご紹介します。最近はブログを作るような感覚で、HTML知識なしでもサイトが作れるソフトやアプリ等もありますが、サイト作成には、HTMLの知識は必須です。細かい部分修正や、アフィリエイト・サイト解析のコードを組み込むために、HTMLを直接編集する必要があります。HTMLは難しいものでではありません。HTMLを分かり易く解説しているサイトや本があるので、自分で勉強ができます。
スタイルシートとよばれるCSSの知識も必要です。スタイルシートは、画像や文字の色形位置などデザインを指定します。スタイルシートなしで、HTMLの中でも、デザインを指定するこができるのですが、ページ数が増えてくると、スタイルシートの方が簡単にメンテナンスできます。

ホームページ作成の実績は業者選定において大きな参考になります。コテコテのデザインを得意とする業者なのかスタイリッシュさを得意とするのか等個性があるので見極めて行きましょう。