ホームページの運用方法

最初だけ力を入れて、その後、放置するのはよくない


ホームページは作ったあとの運用方法が大切です。せっかく凝ったページを作っても運用方法がよくないと誰にも見てもらえなかったり、あるいは炎上してしまって閉鎖に追い込まれてしまう可能性があります。では、作ったホームページを長続きさせる運用方法とはどのようなものになるのでしょうか。
まず、自分が継続して、どこまでページ運用に時間を使えるのかを知ることが大切になります。たとえば、開設直後はテンションが高いせいで、次から次へとコンテンツを更新し、読者からのコメントにすぐ返信していたのに、だんだん面倒になって放置してしまうと、そのやる気のなさが読者に伝わってあっという間に誰もこないページになってしまいます。
長く運営するために、更新頻度やコメントへの返信は無理のないスケジュールで行うようにしましょう。


古い情報をきちんと更新することで信頼が高まる


古くなってしまったホームページの情報があれば、できるだけ新しい情報に更新していくようにすると、読者からの信頼が高くなりますし、アクセス数が向上する可能性があります。古い情報を更新するとアクセス数に影響を及ぼすのはなぜかというと、更新したことで検索エンジンに評価される可能性があるからです。
検索エンジンは、まったく更新されていないホームページと頻繁に更新されているホームページを比較して、更新されているホームページの順位を高くする傾向があるといわれています。新しい情報の方がユーザーの需要が高いと判断するためです。すると、検索結果の上位にページが表示されるようになるので、アクセスが増えるというわけです。

HP作成をするには専門知識が必要だと思っている方も多いはずです。しかし、テンプレートを利用してクリックや文章を入力するなどの簡単な操作で作成できるようになりました。