ホームページ作成で気を付けなければならないこととは?

見るユーザー視点でホームページを作る


ホームページを見るのはあくまでもユーザーです。そのユーザーに合ったホームページでなければ、ホームページを最後まで見ることはないでしょう。ユーザーに合ったホームページというのはどういうものかというと、デザイン、文字、色使いなどをユーザーの視点に合わせて作るものです。女子中高生が見るホームページに黒文字で、黒色のデザインではユーザーはすぐに見るのを止めてしまいます。ユーザーが見やすホームページを心がけると、ユーザーが何度も訪問してくれるページになるでしょう。他に文章の使い方や画像の使い方に気を付ける必要があります。文章はホームページで伝えたいことを上手く伝えるツールになりますが、それ以上に画像を上手く使うとユーザーに文章以上の情報を伝えることができるホームページになります。


ホームページは速さは重要


ホームページ作成で見落としがちなのが速さです。ホームページはユーザーが見てくれなければ意味がないものになります。そのためユーザーがホームページを開いたらすぐに表示されることが大事です。クリックしてから表示されるまでに、ユーザーが待つのは3秒だと言われています。それ以上待つようだと、他のページを見に行ってしまうのです。そうならないためには、ホームページを軽くしておく必要があります。ホームページが重くなる原因としては、動画などの埋め込みが挙げれます。ホームページの質を上げるために動画を埋め込むことは重要かもしれませんが、ユーザーに見てもらえないページになってしまっては意味がありません。速さがユーザーに見てもらうための最低条件です。